岡崎市制施行100周年

カウントダウン
カウントダウンをしていました。
100周年応援ダンス

はじめに

 岡崎市は、愛知県の中央部に位置し、徳川家康公生誕の岡崎城を始め、数多くの貴重な歴史的・自然的資産を有しています。大正5年(1916年)7月1日に県下で3番目、全国で67番目に市制を施行し、平成15年には中核市に移行しました。平成18年には隣接する額田町と合併し、面積387.20㎢、人口は38万人を超え、西三河の教育、文化、産業等の中心都市として現在も着実に発展を続けています。
 本市は、平成28年(2016年)に市制施行100周年を迎えます。これを記念して、固有の歴史や伝統などを市の「たから」として受け継ぎ、ともに暮らすみんなで「かがやき」を創造し、明日への「きぼう」に繋げていくことをテーマに、市制100周年記念事業全体を「新世紀岡崎 飛躍祭(100歳)」として様々なイベントを実施してまいります。
 市制施行100周年は、市の成長過程における1つの節目であります。岡崎らしさを新時代へ継承するとともに、これまで先人が積み重ねてきた歴史を振り返り、次の100年を見据え、更なる発展へ向かっていく契機にしたいと考えています。
 岡崎に生まれた子ども達がふるさと岡崎に愛着と誇りを持てる「夢ある次の新しい岡崎」を築くと共に、誰もが、訪れたい、住んでみたいと思う魅力あるまちづくりに取り組むことにより、本市の新世紀における飛躍につなげてまいります。

岡崎市長 内田康宏(画像)

岡崎市長 内田康宏

主要事業紹介