第6回 劇場

 明治45年(1912)の岡崎町市街図には、演劇場として宝来座(大字六地蔵)・金升座(大字康生)・三銘座(大字伝馬)・常盤亭(大字伝馬)の四座が紹介されている。紙面の都合上、金升座と宝来座の二座のみ取り上げよう。
 岡崎には、明治末から大正にかけて前述の四座を始めいくつかの劇場があり、義太夫・浪花節・芝居・落語など市民の娯楽の殿堂として競い合っていた。第一次世界大戦後、活動写真(映画)が普及すると、岡崎の各劇場も競って活動写真を上映するようになり、多くの劇場が映画館へ変わっていった。そうした中で、金升座は芝居小屋としてだけでなく、不忘義団(旧岡崎藩士の会)の琵琶演奏会・講演会などの催し物を続けながら存続していった。大正14年(1925)には「岡崎劇場」として改築。太平洋戦争末期の空襲で焼けてしまったが、いち早く映画館として再開され、市民の文化活動の場としての役割も果たした。
 他方、宝来座は明治以降当地の庶民娯楽の中心として繁栄した。六地蔵に芝居小屋が建てられたのは、伝馬などの繁華街が近いこと、寛政年間の初めに「れんにょさん」の開帳で有名な浄専寺が町の南端西側に移転したからであろう。昭和になると、大衆劇場として、芝居のほか映画・レビューなどが上映され、演説会や市民大会などの会場としても利用された。戦後は連尺通1丁目に移転し、洋画専門のタカラ劇場として再開された。
  

  元岡崎市文化財保護審議会会長 渡邉 則雄

 


(写真)岡崎劇場全景(中央図書館所蔵「岡崎劇場繒葉書」)。歌舞伎座風で、花道や桟敷席を備えた大型の演劇場だった。

劇場

情報発信元


〒444-8601岡崎市十王町2丁目9番地(東庁舎5階)
電話番号0564-23-6030
ファクス番号0564-23-6229