岡崎市美術館

ページID001946

印刷
444-0864
所在地
岡崎市明大寺町茶園11-3
電話番号
0564-51-4280

 

岡崎市美術館イメージ

お知らせ

 企画展「岡崎市美術館収蔵 北川民次版画展」を開催します

本展では、メキシコに魅了された愛知県ゆかりの画家、北川民次(1894~1989)の版画作品をご紹介します。

北川はアメリカで絵画の基礎を学び、その後メキシコで制作活動に邁進、帰国後は二科会を発表の場として活動しました。

油彩画5点、版画作品約50点などを通して、北川の創作世界の魅力をお伝えします。

北川民次チラシ(PDF形式:746KB)(新しいウィンドウで開きます)

期間

平成29年12月6日(水)から平成29年12月24日(日)まで (毎週月曜日は休館)

開館時間

10時から18時(入場は17時30分まで)

観覧料

無料

関連イベント

担当学芸員による展示説明会

12月9日(土)13時から

12月15日(金)13時から

12月16日(土)11時から

開催場所:本館2階 第3・第4展示室にて

座談会「北川民次と岡崎」

二科会・岡崎美術協会でご活躍されている永井忠雄氏、清水幹夫氏、三後勝弘氏、鈴木章司氏の4名に、北川民次や岡崎の洋画界について、思い出話を交えながらお話しいただきます。

12月16日(土)13時30分から

開催場所:東館2階 講座室2にて

常設展示コーナーの展示替えをしました

展示替えにより、現在は藤井達吉、中村正義、杉本健吉等の作品が展示中です。

(現在展示中の作品リスト)(新しいウィンドウで開きます)

現在展示作品の展示期間は、平成30年1月28日までの予定ですので、是非この機会に御鑑賞ください。

「おかざきの美術100年展」について

平成28年7月30日~8月21日の会期で美術博物館を会場にして開催いたしました上記の展覧会は、会場内でのキャプション及び目録、図録において誤りがありました。つきましては、正誤表及び資料(改)を掲載いたしました。また、図録等を購入された方などは、プリントしたものをお送りいたしますので、美術館までご連絡ください。

皆さま方に大変御迷惑をおかけしましたこと深くお詫びいたします。

図録(P1~P130)正誤表100年展図録正誤表(PDF形式:81KB)(新しいウィンドウで開きます)

図録(P131~P147)資料(改)資料-web用[1](PDF形式:750KB)(新しいウィンドウで開きます)

催し案内

11月の催し案内29年11月美術館催し案内(PDF形式:81KB)(新しいウィンドウで開きます)

12月の催し案内29年12月美術館催し案内(PDF形式:106KB)(新しいウィンドウで開きます)

常設展示コーナー

岡崎市美術館収蔵品の中核をなす藤井達吉の作品を中心に、郷土ゆかりの作家の作品を、季節にあわせ年数回入れ替え展示をしています。

本館常設展示コーナー 東館常設展示コーナー
  〔本館〕  〔東館〕

【現在展示中の作品】171017_常設展示リスト(PDF形式:103KB)(新しいウィンドウで開きます)

住所・開館時間等

〒444-0864 岡崎市明大寺町字茶園11番地3
電話番号 0564-51-4280
ファクス 0564-51-4074

開館時間 10時から18時 (入館は17時30分まで)
休館日 月曜日、12月28日から1月3日

アクセス

JR岡崎駅または名鉄東岡崎駅から、バスで岡崎警察署前下車徒歩5分。

(注意)駐車場スペースが少ないため、なるべく公共交通機関をご利用ください。

展示室の利用

 美術館は芸術文化の向上を図ることを目的とした施設で、美術作品展の開催の場として利用することができます。

 利用方法等については、美術館へお問い合わせください。

  • 展示室6室 (平成26年4月1日改定)
展示室使用料

区分

10時から18時(1日につき)

延長時間1時間につき

第1展示室

3,240円

640円

第2展示室

3,240円

640円

第3展示室

3,880円

770円

第4展示室

4,530円

910円

第5展示室

3,040円

600円

第6展示室

1,930円

390円

第1展示室及び第2展示室

5,830円

1,030円

第3展示室及び第4展示室

7,770円

1,290円

第5展示室及び第6展示室

4,480円

890円

第1展示室、第2展示室
第3展示室及び第4展示室

12,960円

2,590円

第1展示室、第2展示室、
第3展示室、第4展示室
第5展示室及び第6展示室

17,890円

3,570円

事業紹介

事業概要

 昭和47年に愛知県下で市レベルとしては最初の美術館として開館して以来、市民の皆さんの美術鑑賞や美術活動の発表の場として親しまれています。

 このほか美術普及活動の一環として 、美術講演会や美術教室を開講するなど、市民の美術文化の向上に努めています。

 また、明治以降の郷土作家の作品を中心に、内外で評価の高い作品収集にも力を注いでいます。

事業内容

1 美術に関する作品その他の資料を収集し、保管し、及び展示すること。
 資料の収集-地元作家・郷土出身作家とその周囲の作家を重点に、内外で高く評価された作品を中心として、明治以降の秀作を収集することに努めています。

2 美術に関する展覧会、講演会、講習会、研究会等を開催すること。
 展覧会事業として収蔵品を中心とした企画展を開催し、また、普及事業の一環として美術講座や美術教室を開講しています。

3 美術に関する展示又は集会のために施設を利用に供すること。
 年間、約150団体に利用いただき、市民芸術活動の発表の場として親しまれています。

岡崎市美術館写真・1

岡崎市美術館写真・2 (10128 バイト)