平成30年度 やさしいミュージアム講座(前期)

最終更新日平成30年5月20日ページID 022616

印刷

平成30年度やさしいミュージアム講座(前期)のお知らせ

やさしいミュージアム講座(前期)

 岡崎市美術博物館では、市民の方々に歴史や美術をより身近に感じていただけるよう、平成30年6月~平成30年10月の毎月1度、2つの連続講座を開講します。

【講座名】 『八犬伝』を読む、見る

  • 内容/ 『南総里見八犬伝』は、曲亭馬琴が28年の歳月をかけて完成させた、106冊にのぼる読本で、当時から好評を博しました。本講座では『南総里見八犬伝』の内容と、描かれた浮世絵を通して、その面白さと当時の人々に与えた影響を紹介します。
  • 日時・テーマ/平成30年6月から平成30年10月までの原則毎月第2木曜日  10時30分から12時まで
    【第1回】  6月14日 (木曜日)  馬琴の出発と俳諧
    【第2回】  7月12日 (木曜日)   『八犬伝』の趣向
    【第3回】  8月  9日 (木曜日)  錦絵「見立七福 新酒之入船」
    【第4回】  9月13日(木曜日)   錦絵「曲亭翁精著八犬士随一」
    【第5回】 10月11日(木曜日)  「八犬伝」の錦絵を見る
  • 講師/服部仁氏(同朋大学名誉教授)
  • 定員/50名 
  • 参加費/無料
  • 会場/当館1階セミナールームほか

申込方法は下記のとおり

      

【講座名】 現代の紬織(つむぎおり)と岡崎の(まゆ)-命を未来へとつなぐ糸たち-

  • 内容/現代の草木染、つむぎ織を作者自ら、ものつくりの楽しさを動画を含めてお話しします。また、岡崎が三河地方の繭の集積地であったこと、今、繭はどこで作られているかを、着物を見て、触れて、繭の歴史の様々を映像で紹介します。
  • 日時・テーマ/平成30年6月から平成30年10月までの原則第3水曜日(7月、9月は第2水曜日) 14時から15時30分まで
    【第1回】 6月20日 (水曜日)  「きもの」織物と染物のたのしみ   
    【第2回】  7月11日 (水曜日)  三龍社と岡崎の繭 
    【第3回】 8月22日 (水曜日)  上田の繭・皇后さまの御親蚕・新城の新小石丸
    【第4回】 9月12日 (水曜日)   草木染(命をつなぐ糸)

    【第5回】  10月17日 (水曜日)  私の織りとデザイン

  • 講師/小林敬子氏(日本工芸会正会員・支部参与、岡崎美術協会理事)
  • 定員/50名 
  • 参加費/無料
  • 会場/当館1階セミナールーム

申込方法は下記のとおり 

申込方法(下記のいずれか)

○往復ハガキでのお申込み(連名の場合2名まで)

   往信裏面に参加者全員の、住所・氏名・年齢・電話番号・希望講座名、返信裏面に代表者の郵便番号・住所・氏名を記入し

   下記までお申込みください。

○ホームページからのお申込み

   『八犬伝』を見る、読むのお申込みはこちら→お申込みは締切りました。

   現代の紬織と岡崎の繭-命を未来へとつなぐ糸たち-のお申込みはこちら→お申込みは締切りました。

※各講座ともすべて受講できる方のみお申込みください。

○申込締切 平成30年5月18日(金曜日) 必着→お申込みは締切りました。

○申込先 〒444-0002

       岡崎市高隆寺町字峠1番地

       岡崎市美術博物館「やさしいミュージアム講座」係         

○講座案内はこちら               

  

 

 

 

お問い合わせ先

美術博物館

電話番号 0564-28-5000ファクス番号 0564-28-5005

〒444-0002岡崎市高隆寺町峠1番地
開館時間 10:00~17:00(最終の入場は16時30分まで)