開催中の展覧会「京都市美術館名品展 京の美人画100年の系譜」

最終更新日平成29年4月20日ページID 021002

印刷

開催中の展覧会 

京都市美術館名品展 京の美人画100年の系譜

 会期:平成29年4月8日(土曜日)から平成29年5月21日(日曜日)まで

29kyoto1

上村松園《晴日》昭和16(1941)年

 

 

 理想の女性美の描出を目指した美人画は、江戸期の浮世絵の伝統を受け継ぎつつ、明治期以降一つのジャンルとして確立しました。描かれる対象は、優美で品格高い女性の姿だけではなく、市井の女性が暮らしを営むあるがままの姿、内面や真の姿に迫った革新的な女性像など、時代の様相を反映し、多様化していきました。

 本展でご覧いただくのは京都市美術館所蔵の美人画の優品60点です。京都市美術館は1933(昭和8)年の開館以来、明治期以降の京都を中心とした美術・工芸品を収集し、特に京都画壇隆盛期の作品の充実は、他に類を見ないものとなっています。京都画壇で制作された美人画の名品を通して、多彩な女性の美をご鑑賞ください。
主  催   岡崎市美術博物館、中日新聞社

特別協力  京都市美術館

協  力   岡崎呉服協同組合
開館時間   午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休 館 日   毎週月曜日

観 覧 料   一般(高校生以上)1,000円(900円)/小・中学生500円(450円)
           展覧会限定フリーパス「Limi‐pass(リミパス)」は1,500円

        *【特別割引】着物でご来館の方は、通常観覧料の半額

        *( )内は20名以上の団体料金
        *岡崎市内の小中学生は無料(わくわくカードまたは生徒手帳を提示)
        *各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者は無料(各種手帳を提示)

●展覧会関連イベントはこちら

参考画像

29kyoto2       29kyoto3

丹羽阿樹子《遠矢》昭和10(1935)年                           由理本景子《望遠鏡》昭和15(1940)年

29kyoto4       29kyoto5

土田麦僊《平牀》昭和8(1933)年                           北野恒冨《浴後》明治45(1912)年  

 

 

お問い合わせ先

美術博物館

電話番号 0564-28-5000ファクス番号 0564-28-5005

〒444-0002岡崎市高隆寺町峠1番地
開館時間 10:00~17:00(最終の入場は16時30分まで)