岡崎市旅館業の施設の衛生措置及び構造設備の基準等に関する条例の一部改正について

ページID026381

印刷

 旅館業における衛生等管理要領の一部改正が行われ、それに伴い、岡崎市旅館業の施設の衛生措置及び構造設備の基準等に関する条例の一部を改正する条例が令和2年3月24日に公布されました。
 条例の主な改正内容等は以下のとおりです。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1 改正の主な内容
  浴槽の湯の遊離残留塩素濃度の基準値を1リットルにつき0.2ミリグラム以上であったものを、0.4ミリグラム以上に引き上げたこと。
 (※共同で利用する浴槽に限る。) 
2 施行日
  令和2年7月1日
3 参考資料

  旅館業における衛生等管理要領 新旧対照表

  岡崎市旅館業の施設の衛生措置及び構造設備の基準等に関する条例 新旧対照表