本多家シンポジウム「徳川四天王本多家と家臣たち―忠節を守るを侍と申す也―」

最終更新日令和元年12月15日ページID 025351

印刷

本多家シンポジウム「徳川四天王本多家と家臣たち―忠節を守るを侍と申す也―」

本多家シンポチラシ表面

 明和6年(1769)、本多家が岡崎藩主として就任しました。それから250年の節目を記念して、本多家の歴史と事跡を辿るシンポジウムを開催します。
 岡崎藩主本多家の祖である本多忠勝は、生涯57回の戦で一つの傷も負わず、「家康に過ぎたるもの」と称されました。徳川四天王の一人にも数えられる忠勝の武功の裏には、彼を支えた家臣たちの活躍があったことは間違いないでしょう。当初はわずかな家臣しか抱えていなかった忠勝ですが、家康から附属された「御附人」を筆頭として、徐々に家臣団を拡大していきます。もとは家康の家臣という特別な由緒をもつ「御附人」を中心とした本多家の家臣団編成は、徳川四天王としての忠勝を支え、その後の藩政にも影響を与えていきました。
 本シンポジウムでは、同じ徳川四天王に挙げられる榊原・井伊氏の事例を踏まえつつ、忠勝からはじまる本多家について家臣団にスポットを当てて考えていきます。

開催概要

日時:令和2年2月16日(日) 午後1時~5時(午後0時30分開場)
会場:岡崎信用金庫本店2階大ホール(岡崎市菅生町字元菅41)
    名鉄「東岡崎」下車、徒歩5分
     会場に駐車場はございません。公共交通機関のご利用にご協力ください。
定員:200名(事前申込み不要、当日先着順)

基調講演

小宮山敏和氏(国立公文書館)
「徳川四天王と家臣たち」

報告

  1. 水野伍貴氏(株式会社歴史と文化の研究所)
    「関ヶ原合戦における本多家」
  2. 石神教親氏(桑名市役所ブランド推進課)
    「桑名時代の本多家」
  3. 湯谷翔悟(岡崎市美術博物館)
    「本多家の家臣団」

パネルディスカッション 

司会:堀江登志実(岡崎市美術博物館)

 

 

関連資料

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、岡崎市のサイトを離れます)が必要です。

お問い合わせ先

美術博物館

電話番号 0564-28-5000ファクス番号 0564-28-5005

〒444-0002岡崎市高隆寺町峠1番地
開館時間 10:00~17:00(最終の入場は16時30分まで)