2022年度年間スケジュール

最終更新日令和4年2月17日ページID 034775

印刷

2022年度年間スケジュール

【お知らせ】
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、展覧会および関連イベントが中止または変更となる可能性があります。最新の情報は当館ホームページまたはお電話(0564-28-5000)にてご確認ください。
 
 

2022年4月・5月

名取春仙 役者を描く
4月9日(土曜日)から5月15日(日曜日)まで

春仙

《春仙似顔集追加 十五代目市村羽左衛門 助六》 岡崎市美術博物館蔵
 

 名取春仙(なとりしゅんせん)(1886-1960)は、大正から昭和前期にかけて行われた新版画の出版において、歌舞伎役者や舞台俳優を描いた役者絵を手がけて人気を博しました。色鮮やかで写実的な春仙の作品は、浮世絵の伝統を受け継ぎながらも新しい時代の表現が加わった、近代の役者絵といえます。そして役者の容貌や所作、舞台の美しさを素直にとらえた作品は、歌舞伎の贔屓筋に愛好されました。本展では春仙の代表作である《創作版画春仙似顔集》《春仙似顔集追加》を中心に、近年当館に収蔵された春仙の役者絵全49点を一斉にお披露目いたします。

2022年6月・7月・8月

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック-アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美
6月4日(土曜日)から8月28日(日曜日)まで

ラリック

ルネ・ラリック 香水瓶《二つのアネモネと花瓶》1935年 北澤美術館蔵 撮影者:清水哲郎
 

 フランスのシャンパーニュ地方に生まれたルネ・ラリック(1860-1945)は、パリを本拠に、前半生はジュエリー作家、後半生はガラス工芸家として活動し、アール・ヌーヴォーとアール・デコのふたつにおいて新たな時代を切り開いた装飾芸術家です。ラリックのガラス作品は、1925年パリの「アール・デコ博覧会」で高い注目を集め、時代を象徴する様式「アール・デコ」の代名詞ともなりました。本展では、世界屈指のガラス・コレクションを有する長野県諏訪市の北澤美術館のコレクションからルネ・ラリックの作品を選りすぐり、ガラス工芸家としての全容をご紹介いたします。ラリックによる華やかで洗練されたガラス作品を通して是非お楽しみください。 


※都合により展覧会の内容及び会期を変更する場合があります。

2022年9月から2023年3月 

改修工事のため休館します。

休館

 

 

関連資料

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、岡崎市のサイトを離れます)が必要です。

お問い合わせ先

美術博物館

電話番号 0564-28-5000ファクス番号 0564-28-5005

〒444-0002岡崎市高隆寺町峠1番地
開館時間 10:00から17:00まで(最終の入場は16時30分まで)