過去の展覧会「暮らしのうつりかわり」

最終更新日令和元年5月1日ページID 023866

印刷

収蔵品展 「暮らしのうつりかわり」

 会期:平成31年1月26日(土曜日)から3月24日(日曜日)

kurashi01

 今回で7回目を迎える<暮らしのうつりかわり展>は、長年にわたり多くの方々から寄贈していただいた、働き終えた道具たちの年に一度の晴れ舞台です。明治から昭和にかけての生活・生産道具を中心に紹介しながら、私たちの暮らしがどのように変わってきたのかを振り返ります。また、郷土の暮らしを伝える身近な文化財の公開・活用の場とし、後世へ伝えることも目的としています。
 明治から現代までの150年間、私たちの日常生活を支えた道具の多くは、各時代を生きる人びとの暮らしにあわせて、様々な工夫と改良がなされてきました。覚えてる!あったあったこの道具!という世代は懐かしさと同時に思い出もたどり、見たことあるけど使ったことないよ~、そして、一体これはなぁに?という世代は、新鮮な驚きをもって「その昔」に触れてみて下さい。
 なお、展覧会ではこの時期の公立小学校3年生の社会科学習「古い道具と昔のくらし」をお手伝いできるように、子どもたちの見学に配慮した内容と工夫を凝らします。子どもたちに昔の道具の実物を間近に見てもらう機会を提供し、昔の人たちが道具を大切に使ってきたということを感じてもらいたい、そして、道具の観察から昔の暮らしの様子を探り、自分たちの暮らしを考える手助けとなればと思います。
 この展覧会により、美術博物館から寄贈者の皆さまへ感謝の気持ちをあらわすとともに、私たちの暮らしや身近にある品々を見直すきっかけのひとつとなれば幸いです。

※  学習支援展示を兼ねていますので、平日は学校団体見学があります。


主   催/岡崎市美術博物館

開館時間/午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで) 
休 館 日/毎週月曜日(ただし2月11日[月曜日・祝日]は開館)・2月12日[火曜日]
観 覧 料/一般[高校生以上] 300円、小中学生 150円

         *展覧会限定フリーパス「Limi-pass (リミパス)」は400円
         *未就学児は無料      
         *岡崎市内の小中学生は無料(わくわくカードまたは学生証を提示)

         *各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者1名は無料(各種手帳を提示)

展示構成

01

02

03

関連イベント

会期中、当館学芸員による展示説明会などイベントを予定しております。

04

 

 

関連資料

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、岡崎市のサイトを離れます)が必要です。

お問い合わせ先

美術博物館

電話番号 0564-28-5000ファクス番号 0564-28-5005

〒444-0002岡崎市高隆寺町峠1番地
開館時間 10:00~17:00(最終の入場は16時30分まで)