救急医療・小児救急

救急医療・小児救急

  • 事業所内で従業員から感染者が発生した場合の対応について

    新型コロナウイルス感染症の感染者が急増しています。現在、流行の主流となっているオミクロン株は、感染力が高い一方で重症化率は低い特徴があることから、保健所における調査は、重症化リスクの高い方や重症化リスクの高い方が多く入所・入院する施設を優先的に行っており、事業所内の従業員が陽性者になった場合は、社会経済活動の維持の観点からも、保健所による事業所内の調査及び濃厚接触者の特定・行動制限は求めません。
    事業者の皆様においては、引き続き感染対策の徹底をしていただくとともに、以下のご対応をお願いいたします。

  • 知人が新型コロナウイルス感染症になった方へ

    知人が新型コロナウイルス感染症になったとき、特定の条件に該当する場合あなたにも感染している可能性があります。感染している可能性がある場合は自主的に健康観察・外出自粛してください。

  • 新型コロナウイルス感染症の陽性となった場合

    新型コロナウイルス感染症は、誰でも感染する可能性があります。
    ご自身やご家族が陽性となった場合には、一人ひとりの状況に応じ、安心して療養いただけるよう、保健所がご案内やサポートをさせていただきます。

  • 救急医療・小児救急

    岡崎市内の救急医療(夜間・休日の救急医療機関、2次救急医療機関、夜間小児救急電話相談など)について掲載しています。

  • 119医療情報伝達カード

    119医療情報伝達カードについて

  • きっずぺーじ

    親子で消防に親しむことや、急病やケガで困ったときの対処法などを紹介します。

  • 暮らしの消防基礎知識

    119番のかけ方、応急手当、暮らしに関する基礎知識を公開しています。

  • AED(自動体外式除細動器)の設置場所、貸し出しについて

    AEDは何らかの原因で突然心停止が起こったときに、電気ショックを与えて命を救うための医療機器です。使用にあたって資格などは必要なく、どなたでも使えるようにできています。岡崎市では主な公共施設にAEDを設置しています。