岡崎市議会キッズページ

最終更新日令和元年5月24日ページID 023233

印刷

市議会(しぎかい)ってなに?

 私たちの住む岡崎市のいろいろなことを()めていくには、そこに住んでいる市民(しみん)みんなで(はな)()って決めていくのが(のぞ)ましいですが、多くの市民が(あつ)まって話し合うのは大変(たいへん)です。

 そこで、市民の中から代表者(だいひょうしゃ)(えら)び、話し合って決めることにしました。
 この代表者が市議会議員(ぎいん)市長(しちょう)で、議員の集まりが岡崎市議会です。

 議会の決めたことにしたがって、市長は実際(じっさい)仕事(しごと)をします。

01

市議会議員ってどうしたらなれるの?

 岡崎市のことを話し合って決めるために、選挙(せんきょ)によって選ばれた市民の代表者が市議会議員です。

 市議会議員を選ぶための選挙は4年に1回行い、岡崎市には市議会議員が37人います。

 市議会議員になれるのは、25(さい)以上の市民で、選挙で選ぶことができる(選挙で投票(とうひょう)できる)のは、18歳以上の市民です。

02

市議会ってどんなことをするの?

 岡崎市議会では年に4回(3月、6月、9月、12月)、定例会(ていれいかい)という会議を(ひら)きます。

 定例会の(ほか)に、話し合ったり決めたりすることがあれば、必要な時には臨時会(りんじかい)という会議も開きます。

 また、専門的(せんもんてき)なことを審査(しんさ)するために、委員会(いいんかい)という会議も開きます。

03

本会議(ほんかいぎ)ってどんなことをするの?

 市議会議員全員で話し合うために、本会議を開きます。

 本会議では、1.議案(ぎあん)提出(ていしゅつ)、2.一般質問(いっぱんしつもん)・代表質問、3.議案質疑(しつぎ)、4.委員会付託(ふたく)、5.採決(さいけつ)(じゅん)に行います。

 1.議案の提出

  市長が議案(市の仕事、お金のこと、決まりなどの話し合う内容)について説明します。

 2.一般質問・代表質問

  市の仕事について議員が質問し、市長などが答えます。

  3月は代表質問を、6月、9月、12月は一般質問を行います。

 3.議案質疑

  議員が議案について質問します。

 4.委員会付託

  議案についてわからないことを調べたり、話し合いを行うために、委員会に調査を(まか)せます。

 5.閉会

  委員会の委員長が、委員会での話し合いの結果を報告します。

  委員会の報告をもとに、議案について意見を出し合い、市議会として賛成(さんせい)反対(はんたい)を決めます。

04

委員会ってどんなことをするの?

 市の仕事はたくさんあるため、本会議ですべては話すにはとてもたくさんの時間がかかってしまいます。

 そこで、数人のグループごとにわかれて、分担(ぶんたん)してくわしく調べたり、話し合いをします。

 このグループを委員会と言います。

 岡崎市には4つ(総務企画(そうむきかく)福祉病院(ふくしびょういん)文教生活(ぶんきょうせいかつ)経済建設(けいざいけんせつ))の委員会があります。

05

市議会をもっと知るには?

 市議会の会議は議場(ぎじょう)などで見ることができます。((くわ)しくはここをクリック!

 また、インターネットからでも、会議録や中継議会だよりを見ることができます。(それぞれのリンクをクリックしてみてね。)

16

岡崎市議会クイズ

 クイズページはこちらから挑戦(ちょうせん)してみてね。

06

 

 

お問い合わせ先

議会事務局議事課政策調査係

電話番号 0564-23-6971ファクス番号 0564-23-6538メールフォーム

〒444-8601岡崎市十王町2丁目9番地